PEACE ON OUR BEAUTIFUL EARTH with SONGS OF NANA

Peace on earth with the songs of Nana!No terrorism !!, Sachi
Kenji Goto was a humanist, We morn him a lot!
Seven of the victims、Bangladesh Dhaka、 were dispatched from JICA.
JICA's Mission Statement "We, as a bridge between the people of Japan and developing countries, will advance international cooperation through the sharing of knowledge and experience and will work to build a more peaceful and prosperous world."

Clips

I agree with the policy of Youtube. Thank you so much for the beautiful clips on the web. Thank you Bellecourse for your wonderful clips delayed. We could enjoy together and meet young vivid Nana, even Nana on the stage of the British Concert 1974! In this site, we use clips only for private use, not for comercial. Sachi

12/04/2012

Nana fan of the world, 「島」をめぐって~Only Love  Nana Mouskouri~

Please visit
Read in English
「島」をめぐって~Only Love  Nana Mouskouri~

テーマ:
わたしが、もし『好きな歌手はだれですか?』と聞かれたら、掛け値なしにナナ・ムスクーリ(Nana Mouskouri)を挙げる。
あまり知られていないかの感はあるが、実は凄いものがある。
全世界で300万枚以上のレコード、450枚のアルバムを発売し、15カ国の言語(ギリシア語フランス語英語スペイン語イタリア語ドイツ語ラテン語ポルトガル語、韓国語、日本語など)で約1500曲の歌を発表した。また、世界中で230以上のゴールドおよびプラチナディスクを記録している。世界で最も、レコードの売り上げが多い歌手の一人であり、その売り上げ枚数は、23000枚以上ともいわれる。

クラシック の素養に裏打ちされた歌唱力もあって、持ち歌のレパートリーは大変広く、ジャズからポップス、クラシック、ギリシャ音楽からラテン、各国の民謡童謡まで、オールラウンドにこなす。ヒット曲は「愛」をテーマにしたものが多く、憂鬱、切望、および感傷的な黙想を愛の歌によって、かもし出しているといわれている。 1960年代からレコードをリリースし続けており、その市場はヨーロッパ南北アメリカ韓国を中心としたアジアオーストラリアニュージーランドなど世界中に広がっている。中東でもコンサートが企画されたことがある。(編集)



わたしは先日、【「Alone」歌:Nana Mouskouri 訳詞:キム・ホセ】という日記を書いたのだが、その歌の訳詞はわたしがわたしの想念を込めてアレンジしたものだ。


わたしにはいま、政治的なものにはなんの関心もなくて、ただ、わたしの人生の往路で感じたことを、この復路で思想的に整理しているだけである。その想いは、島や世界(つまり地球)を超えて、すべてを相対化してみようという作業である。しかし、いま、「島」という問題をめぐって、またぞろ“つまらなき亡霊”が闊歩しはじめている。そして、ひとびとはそれに対するなんらの思想的または情緒的「根をもつ」ことなく、流されている。(この件に関しては、後日に思い切って“まとめて”言う)

それで、意識的に歌「Alone:Nana Mouskouri わたしが訳詞したのである (全文はわたしの日記を~)


アローン(Alone
孤独よ
空と海の間の孤独の島
私には手が届かない
無視され、拒絶され、隔絶された世界
海岸は自然で、荒れ果て、だれも訪ねることのない
島よ
きみよ


・・・・・


愛している
それは、きみ
イズ・ユー イズ・ユー イズ・ユー

《アローン。孤独。それは愛。》

と。この最後の独白に、わかりやすくひとつ足そう。
《アローン。孤独。あなたの島、それは愛。》と。


これだけで、「島」をめぐる問題について、このわたしの和訳アレンジの善し悪しは別にして、わたしの想いを伝えるのには十分であろう。

だいたい、「島」(アイランド)を、世界を(地球を)、月を、「占有」するというのはとんでもない話しである。「領域」も同じだ。

つまらない亡霊を追い払うのに、実は一曲の歌だけでこと足りる。もし、それでもわからないというなら、シモーヌ・ヴェイユの「思想的フレーズ」を持ってこようか?








★★






さて、わたしには「内なるきみ」が存在する。






それはまた、同じナナ・ムスクーリの歌でいうことができる。

この歌は、カラオケでわたしはよく唄うのだが、とにかく世界各国語で歌われているものだ。



Only Love  Nana Mouskouri 愛だけが (訳詞: ゆうこ)

愛だけが 思い出をつくる
愛だけが 時をとめる
あなたと いると
なにもかもが 新鮮で
どんな歌も 初めてに聞こえたのを
おぼえているわ

愛だけがすべてで
愛のためだけに生き
その愛を あなたは わたしにくれた
あのとき わたしの心は解き放たれ
わたしは あなたの一部
あなたは わたしのすべてだった


あのころは
昼も夜も あたたかく
太陽にもまさる輝きに彩られていた
すべての言葉と
見た夢と 流した涙は
いまも 思い出の中にある

( # )
愛だけが 思い出をつくる
愛だけが 時をとめる
生きることが 新鮮で
生への激情があり
毎日が生きることの1ページだったのを

おぼえているわ
愛だけがすべてで
愛のためだけに生き
その愛を あなたは わたしにくれた
あのとき わたしの心は解き放たれ
あたしは あなたの一部
あなたは わたしのすべてに なった

( # ) 以下 くりかえし



Only Love  Nana Mouskouri                

Only love can make a memory
        
Only love can make a moment last.
    
You were there
                  
And all the world was young
         
And all its songs unsung,
          
And I remember you then
            

When love was all,
               
All you were living for,
              
And how you gave that love to me.
     
Only then I felt my heart was free,
     
I was part of you
                 
And you were all of me.
             

Warm were the days
                 
and the nights of those years,
        
Painted in colors to outshine the sun.
   
All of the words
                  
And the dreams and the tears
         
Live in my remembrance.
           

( # )
Only love can make a memory
       
Only love can make a moment last.
    
Life was new
                    
There was a rage to live,
                  
Each day a page to live,
            
And I remember you then
           

When love was all,
               
All you were living for,
              
And how you gave that love to me.
     
Only then I knew my heart was free,
    
I was part of you
                 
And you were all of me.
            

( # )
以下 くりかえし







 

No comments: