PEACE ON OUR BEAUTIFUL EARTH with SONGS OF NANA

Peace on earth with the songs of Nana!No terrorism !!, Sachi
Kenji Goto was a humanist, We morn him a lot!
Seven of the victims、Bangladesh Dhaka、 were dispatched from JICA.
JICA's Mission Statement "We, as a bridge between the people of Japan and developing countries, will advance international cooperation through the sharing of knowledge and experience and will work to build a more peaceful and prosperous world."

Clips

I agree with the policy of Youtube. Thank you so much for the beautiful clips on the web. Thank you Bellecourse for your wonderful clips delayed. We could enjoy together and meet young vivid Nana, even Nana on the stage of the British Concert 1974! In this site, we use clips only for private use, not for comercial. Sachi

11/28/2013

Nana News on the web, Se cancela presentación de Nana Mouskouri en Chile

Nana Mouskouriさんの南米での公演がスタートしましたが、残念ながら、一部公演が
ナナ・ムスクーリさんの健康上の理由でキャンセルされた様子です。
Please visit  Se cancela presentación de Nana Mouskouri en Chile
Read in English
Also visit  Nana Mouskouri cancela show en Santiago por problemas de salud
Read this in English

先日の記事でもご紹介しましたが、娘さんと共にステージに立たれたお元気な様子、
また拝見したいですね。

先日の公演の動画はこちら

 

11/03/2013

soundgallery blog,NANA MOUSKOURI “太陽とそよ風の下で”“愛の歓び”

Nana/Mouskouriさんの素敵な曲を紹介してくださっているsoundgallery さんのブログで今回は、ナナ・ムスクーリさんの代表曲、太陽とそよ風の下で DANS LE SOLEIL ET DANS LE VENT、愛の歓び PLAISIR D’AMOUR がとりあげられました。収録されたレコード全体の説明やこのそれぞれの曲の背景と歌詞の大変丁寧な説明とともに紹介されています。是非是非ご訪問ください
歌詞の詳しい意味を教えていただくと、Youtubeでのナナさんの表情がいまさらながら感動的にみえるのは本管理人だけでしょうか・・・

2013-10-17

NANA MOUSKOURI “太陽とそよ風の下で”

f:id:soundgallery:20131014123421j:plain

NANA MOUSKOURI “太陽とそよ風の下で”


f:id:soundgallery:20131014123604j:plain
太陽とそよ風の下で DANS LE SOLEIL ET DANS LE VENT

soundgalleryさんは次のようにこの曲の紹介をまとめておられます。「ハーモニカの奏でるイントロが、戦場へ去ったまま帰らぬ恋人を思う女心に、一層の哀愁を添えています。NANAは恋人への想いと悲しみを切々と唄い上げていきます。『太陽とそよ風の下で、私は貴方が帰って来るのを待って生きて来たのに

 1974

2013-10-30

NANA MOUSKOURI “愛の歓び”

f:id:soundgallery:20131028145320j:plain

NANA MOUSKOURI “愛の歓び”


f:id:soundgallery:20131028145413j:plain

soundgalleryさんのまとめです。「曲のタイトルからは、愛すること・愛されることの歓びを唄った歌と想像してしまいますが、メロディーや歌詞を見ると愛のはかなさが唄われた悲しい歌でした。NANAは、愛のはかなさをしみじみと唄い上げていきます。アラン・ゴラゲールの編曲・伴奏による、リリックな名唱が光る一曲です。」


Concert Olympia 1978