Peace on our beautiful earth with songs of Nana ♪♪

Peace on earth with the songs of Nana!No terrorism !!, Sachi
Kenji Goto was a humanist, We morn him a lot!
Seven of the victims、Bangladesh Dhaka、 were dispatched from JICA.
JICA's Mission Statement "We, as a bridge between the people of Japan and developing countries, will advance international cooperation through the sharing of knowledge and experience and will work to build a more peaceful and prosperous world."
I agree with the policy of Youtube
Thank you so much for the beautiful clips on the web.
Thank you Bellecourse for your wonderful clips delayed.
We could enjoy together and meet young vivid Nana, even Nana on the stage of the British Concert 1974!
In this site, we use clips only for private use, not for comercial.
Sachi







12/24/2016

Seasons Greetings!



















Dear Nana fans,
Seasons Greetings!
May Peace on Earth with songs of Nana!


No terror!!!!!
We morn the terror victims. 

Best wishes, 
Sachi


 

11/12/2016

Nana topics on the web, from www.tag24.de/nachrichten

 Weiße Rosen aus... Dufte! Wolle empfängt Nana Mouskouri
Please Visit
Read this in English 















Great! Schon vor Hope-Gala 12.000 Euro Spenden gesammelt Even before Hope-Gala collected 12,000 euros donations
Please visit  
Read this in English                                                                   
















Please visit

11/09/2016

soundgallery blog,"哀れなリュトブーフ""PAUVRE RUTEBEUF""澄んだ泉のほとりで""A LA CLAIRE FONTAINE"

soundgalleryさんのブログに新しく2曲が紹介されています。soundgalleryさんは【やすらぎと愛】を伝えてくれると次の曲に添えておられます。是非ご訪問のうえ、歌詞の意味や歴史的な背景、レコーディングの経緯など情報を共有させていただきましょう。



NANA MOUSKOURI “澄んだ泉のほとりで”


f:id:soundgallery:20161107125902j:plain
PHILIPS 28PP-136 1987)f:id:soundgallery:20161107125918j:plain
このアルバムは、現在購入は中古品としてのCDのほかダウンロードも可能です。
しかしながら、このアテニアンズとのハーモニーはアナログレコードでの鑑賞が
ナナさんの優しいビブラートとアテニアンズの弦の響きにはベストではないかと
本管理人は思います。
soundgalleyさんは最後に次のようにまとめておられます。
++++++++++++++++++++++
長い時の流れの中を生き残って来た古謡には、聴く人一人一人がそれぞれの物語を持っているものです。ナナは素直な演唱に何とも言えない情感を漂わせて唄ってくれます。

NANA MOUSKOURI “哀れなリュトブーフ”

f:id:soundgallery:20161024120209j:plain
(FONTANA SFX-6003 1974)
こちらでも、soundgalleryさんは、ナナさんの初期の名唱を紹介してくださっています。
ナナさんは、この曲がお好きなようで、近年、アラン・ドロンとデュエットで録音されています。
soundgalleryさんは丁寧に録音の背景を説明され、歌詞の意味を紹介の後、次のように最後にくくっておられます。
++++++++++++++++++++++++++++++++
ナナは、放浪の吟遊詩人リュトブーフの旅の哀れを、しみじみとした味わいも格別に聞かせてくれます。原曲の味を損なわずに、現代風のセンスの良い控えめな演唱が聞きものです。

10/13/2016

soundgallery blog, "紙の月""HARTINO TO FEGARAKI""激しい雨が降る""LE CIEL EST NOIR"

今日はナナさんのお誕生日です。
ナナさんと同じ1934年生まれの元気で活躍の有名人はソフィアローレン、シャーリーマクレーン、ブリジッドバルドー、日本では中村メイコ、司葉子,倉本総、美智子皇后陛下と、ちょっとあげてみても、お元気な姿をマスコミ等でおみかけする嬉しい年の御生まれですね。

ところで、本ブログ管理人がヤボ用で、留守にしていた間に、soundgalleryさんのブログに素敵な曲が紹介されていました♪♪♪
是非ご訪問の上、情報を共有させていただき、ナナさんの初期の名曲を堪能させていただきましょう。どちらも一度耳にすると忘れられなくなる迫力をもった唄声です。


NANA MOUSKOURI “紙の月”
Nana Mouskouri
f:id:soundgallery:20161010140748j:plain

≪MES PLUS BELLES CHANSONS GRECQUES≫(FONTANA 6399 020 1963 FRANCE≫(FONTANA SFX-6004 1974)

f:id:soundgallery:20161010140855j:plain

まず、≪紙の月(ハルティノ・ト・フエンガラキ)≫について、soundgalleryさんは曲の経緯と歌詞の意味を紹介し、次のようにまとめておられます。
**************************

ナナの唄声は心暖まるヒューマニティにあふれており、その曲調に合わせたやさしい愛情のこもった名唱を聴く事が出来ます。

NANA MOUSKOURI “激しい雨が降る”

f:id:soundgallery:20160926130813j:plain

≪au THEATRE DES CHAMPS-ELYSEES≫(FONTANA 6325 327 1974 FRANCE)(FONTANA SFX-5155 1974)

f:id:soundgallery:20160926130847j:plain

激しい雨が降る LE CIEL EST NOIR
****************************************

soundgallery さんはボブディランの作のこの曲について丁寧な説明と日本語の歌詞の紹介の後、
次のようにまとめておられます。

ナナはコーラスを従えて、ドラマティックに唄を盛り上げていきます。9分近くの大熱唱で、ナナの想いが込められた名唱を聴く事が出来ます。


ここで緊急ニュースです♪

なんとボブディランがノーベル文学賞を受賞!!!

元歌も是非ご鑑賞ください。

Happy Birthday,Nana♪♪♪































Long Live Nana!
Wishing you a very,very Happy 82
th Birthday!

May Mme Mouskouri and all the family member would be live in peace,healty and happily for ever!

9/21/2016

NHK FM 音楽遊覧飛行♪♪♪

日本のナナ・ムスクーリファンの皆様!!!!
NHK FM 9月21日(水) 午前9:20~午前10:00(40分)!!
NHK FM 9月28日(水) 午後4:00~午後4:40(40分)!!

NHKのFMで放送がありま~す!
音楽遊覧飛行
ナナさんとヤドランカさんを「二人の歌姫」として放送がありま~す♪♪♪

- ふるさとのうた 心の旅~二人の歌姫~ -

らじる★らじる

楽曲
「愛の喜び」
ナナ・ムスクーリ
(3分26秒)
<日本フォノグラム PPD-1082>

「リベルタード(行け、わが思いよ、金色の翼に乗って)」
ナナ・ムスクーリ
(4分04秒)
<日本フォノグラム PPD-1082>

「アテネの白いバラ」
ナナ・ムスクーリ
(2分40秒)
<マーキュリー PHCY-2015>

「アメイジング・グレイス」
ナナ・ムスクーリ
(4分28秒)
<マーキュリー PHCY-2015>

「一日がもっと長ければ」
ヤドランカ
(4分20秒)
<EMI CT32-5509>

「誰かがサズを弾いていた」
ヤドランカ
(4分46秒)
<コロムビア COCB-54194>

「砂漠のエトランゼ」
ヤドランカ
(3分04秒)
<コロムビア COCB-54194>

「勇気」
ヤドランカ
(3分33秒)
<ユーリーグ URS-002>

9/20/2016

soundgalley blog,"道を求めて""SUIS TA ROUTE""プレイス・イン・マイ・ハート""A PLACE IN MY HEART"

soundgalleryさんのブログに、ナナさんのさわやかな曲が2点紹介されています。
是非ご訪問の上、情報を共有させていただき、改めて、ご一緒にしみじみとエンゼルヴォイスを堪能いたしましょう。

NANA MOUSKOURI “道を求めて”

Nana Mouskouri
f:id:soundgallery:20160912134907j:plain

(PHILIPS 9101 015 1975FRANCE)
(PHILIPS FDX-203 1976)

f:id:soundgallery:20160912135137j:plain

soundgalleryさんは丁寧な曲の背景の解説と、歌詞の紹介の後、次のようにまとめておられます。
ジョンデンバーバージョンではない、ナナさんの唄として心に響きます。
+++++++++++++++++++++++++++++++

フランス・ポピュラー音楽界の才人アラン・ゴラゲールのアレンジと伴奏指揮に乗って、さわやかなナナの唄声が、私達の心を未知なる世界への旅に誘います。

Nana Mouskouri
f:id:soundgallery:20160829131056j:plain

soundgalleryさんはこの曲についても丁寧な解説と歌詞の紹介の後、次のように括っておられます。ナナさんの初期の軽妙なリズム、どうぞご一緒に

**********************

ナナはジ・アテニアンズの軽快な演奏をバックに、さりげなく軽妙に淡々と《貴方への愛の心の想い》を唄い上げていきます。

8/17/2016

soundgallery glog,”囚われの島””PRISONNIER DANS L’ILE”NANA MOUSKOURI “5セントの願い” ホリー・ホリー""UN MATIN D’ETE"

soundgalleryさんのブログにナナさんの初期の美しい曲が紹介されています。
暑さを吹き飛ばすようなナナさんの涼しい天使の声でしばしご一緒にくつろがせていただきましょう。

“囚われの島”



f:id:soundgallery:20160815121746j:plain

≪UNE VOIX≫(FONTANA 6325 320 1972 FRANCE)

f:id:soundgallery:20160815121814j:plain

*****************************
soundgalleryさんは丁寧な解説の後、次の様にまとめておられます。
****************************

ナナの唄声は、華麗なギターの音色に乗って、しっとりとした情感に溢れ、この曲の奥に秘められた何ものかを感じさせてくれます。


 

NANA MOUSKOURI “5セントの願い”

f:id:soundgallery:20160801130105j:plain


(FONTANA SFX-6005 1974)
***************************
こちらの曲についても、soundgalleryさんは丁寧な解説の後、次のようにまとめておられます。
++++++++++++++++++++++++++++++++
ナナは、ジ・アテニアンズをバックに、メラニーの少し子供っぽい声と表情を感じさせて、ウエスタン調で楽しく唄っております。

NANA MOUSKOURI “ホリー・ホリー”

Nana Mouskouri
f:id:soundgallery:20160718130315j:plain

≪NANA MOUSKOURI/COMME UN SOLEIL≫(FONTANA 6325 301 FRANCE)

f:id:soundgallery:20160718130427j:plain

ホリー・ホリー UN MATIN D’ETE
++++++++++++++++++++++++
soundgalleyさんはレコーディングの背景や歌詞の解説の後、最後に次のように纏めておられます。

是非ご訪問の上、情報を共有させていただきましょう。
*****************************
クリスチャン・シュバリエの楽団をバックに、ナナの魅惑の歌声が曲調を盛り上げていき、さわやかな好唱を聞かせます

7/05/2016

Nana topics on the web

Please visit  Nana Mouskouri : Rongée par la culpabilité !
Read this in English

Please visit  VIDEO Nana Mous­kouri : ses enfants appe­laient leur nurse maman
Please visit  Le divan de Marc-Olivier Fogiel avec Nana Mouskouri
http://www.france3.fr/emissions/le-divan-de-marc-olivier-fogiel/diffusions/24-06-2016_492201

soundgallery blog, "ラブ・マイナス・ゼロ""AMOUR MOINS ZERO""アウトワード・バウンド""OUTWARD BOUND"

soundgalleryさんのブログに、ナナさんの初期のしっとりとした唱が2曲紹介されました。
是非ご訪問の上、この不順な気候や、悲しいニュースからしばし離れて、元気をいただきましょう。

NANA MOUSKOURI “ラブ・マイナス・ゼロ”

f:id:soundgallery:20160704125912j:plain

(FONTANA 6399 014 1969 FRANCE)、≪NANA MOUSKOURI FIRST ALBAM≫(PHILIPS SFX-7226 1970)※DieterさんのサイトでSFX-7226 は1970年とありましたので年度を訂正してあります。
f:id:soundgallery:20160704125930j:plain

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

soundgalleryさんはこのLPの選曲の説明とこの曲の背景を丁寧に説明して歌詞の日本語を紹介され、最後に次のように括っておられます。
+++++++++++++++++++++++

美しいメロディーに乗って、ナナは醒めた目で世の中を見ている彼に、淡々と語り掛けるように唄います。  


NANA MOUSKOURI “アウトワード・バウンド”
Nana Mouskouri
f:id:soundgallery:20160620114110j:plain

≪NANA MOUSKOURI/A PLACE IN MY HEART≫(FONTANA 6312 022 1971)≪LOVE STORY/NANA MOUSKOURI≫(FONTANA SFX-7437 1971)

f:id:soundgallery:20160620114317j:plain
++++++++++++++++++++++++++++
このころのアルバムは、ナナさんとアテニアンズの結びつき(特にご主人と?)によるハーモニーが素晴らしく、コンサートのアルバムにも、今回のような、ベストアルバムにも豊かな深みが添えられています。
soundgalleryさんは同じく丁寧な盤と曲の説明の後、次のようにまとめておられます。
++++++++++++++++++++++++++++++
ナナは≪この世との別離の心情≫を、情感を押さえて淡々と唄います。その知的な抑制のきいた表現力に魅了されます。

6/11/2016

Nana topics on the web ,intervew and others

Please visit Fougères. Nana Mouskouri ne veut plus nous dire adieu...
Read this in English

Please visit UNICEF Goodwill Ambassador Nana Mouskouri Visits Refugee Centres In Greece
Please visit  photo of recent Nana on this site



 
 

6/10/2016

soundgallery blog,"時は流れる”” QUI SAIT OU VA LE TEMPS”,”サモス島の女””SAMIOTISA ” 

soundgalleryさんのブログに大変美しい曲が紹介されました。
不勉強にして、本サイトの管理人は始めて、鑑賞させていただきました。

あまり日本では取り上げられていない曲ですが是非、ご訪問の上、曲の背景や歌詞の意味を共有させていただき、楽しませていただきましょう。
しみじみとした大変綺麗なナナさんの若いころのしっとりとした声にぴったりの曲です。
NANA MOUSKOURI “時は流れる”
Nana Mouskouri
f:id:soundgallery:20160606112343j:plain

PHILIPS FDX-309 1977)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

soundgalleryさんは丁寧な解説の後、次のようにまとめておられます。
+++++++++++++++++++++++++++
ナナは、想い出を噛み締め、流れゆく時をいとおしむかのように、美しいメロディーに乗って、しみじみとした哀愁を感じさせる歌に唄に上げていきます。

NANA MOUSKOURI “サモス島の女”


soundgalleryさんが今回紹介してくださるのは、ナナさんの活き活きした母国の唄です。
ステップが見えるようなリズミカルな唄いぶり、是非丁寧な解説と歌詞の説明とともにお楽しみください。なお、今回、先月亡くなられた故永田文夫氏を悼んで追悼の辞を掲載しておられます。
本管理人も心から、哀悼の意をささげます。

f:id:soundgallery:20160522115620j:plain
(PHILIPS 818 111-1 1984 GREECE)
soundgalleyさんは丁寧な解説の後、次のようにまとめておられます。
++++++++++++++++++++++++++++++
ギリシャ色の濃いリズミカルな伴奏に乗って、ギリシャの詩情と色彩を愛するナナの生き生きとした唄声は、音楽の素晴らしさを共感出来ます。

5/10/2016

soundgallery blog,"ゴロンドリーナ""LA GOLONDRINA""アフター・ザ・ゴールド・ラシュ""AFTER THE GOLD RUSH"

soundgalleryさんのブログに新しい曲が2曲紹介されました。
一曲目はナナさんの声をしみじみと聴かせてくれる無伴奏の名曲です。是非ご訪問の上、
レコーディングの背景、歌詞の深い意味を共有させていただきましょう。

NANA MOUSKOURI “アフター・ザ・ゴールド・ラシュ”

f:id:soundgallery:20160509120111j:plain

PHILIPS 9101 007 1974 FRANCE)
(FONTANA FDX-133 1975)
f:id:soundgallery:20160509120319j:plain

アフター・ザ・ゴールド・ラシュ  AFTER THE GOLD RUSH
+++++++++++++++++++++++++++++++
soundgalleyさんは、いつものように、丁寧にレコーディングの背景と歌詞の日本語の意味を紹介してくださっています。
そして次のようにまとめておられます。是非ご訪問の上、曲の背景を共有させていただきましょう。そのうえでもう一度曲をきくとひとしおの感動があることでしょう。
************************

ナナは、この曲をザ・キングス・シスターズをバックに、無伴奏で唄います。英語歌詞によるその語りかけが、私達の心に限りない共感を呼び起こします。

NANA MOUSKOURI “ゴロンドリーナ”
次は、よく耳にする軽快な曲の紹介です。
しかしながら、soundgalleyさんの解説で、明るい楽しいだけの民謡ではなかったこと、教えていただきました。
是非ご訪問の上、歌詞や背景を共有させていただき、あらためて、ナナさんの歌唱を楽しんではいかがでしょうか。

f:id:soundgallery:20160425115007j:plain
(PHILIPS 28PP-135 1986)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
soundgalleryさんは最後に次のように紹介してくださっています。
+++++++++++++++++++++++++++++++
哀愁を帯びたメロディーに乗って、ナナはほのぼのとした心暖まる情感を込めて唄います。聞けば聞くほどに味のある演唱を、しっとりと≪名残りを惜しむ唄≫を聴かせてくれます。メキシコでは、日本での≪蛍の光≫のように、人との別れの際に歌われ、店の閉店時にはこの曲が流されるそうです。

4/20/2016

Nana Topics on the web, from A la bonne heure and others

先週ナナさんが”A la bonne heure - Stéphane Bern”という番組に出演されたようでYoutubeにアップされていますのでご紹介します。
 
A la bonne heure - Stéphane Bern et Nana Mouskouri -


2016/04/08 Nana Mouskouri est de retour sur scène avec son Happy Birthday Tour, sa tournée anniversaire ! Elle est l'invitée de Stéphane Bern et de toute l'équipe d'A La Bonne Heure du mardi 5 avril 2016.

*******************************
Nana Mouskouri ne veut plus faire d’adieux
  ↑interview
*******************************

EXCLUSIVE - Music legend Nana Mouskouri at RTL Radio in Paris


 
Nana Mouskouri MyInfoline Business Pages

4/15/2016

soundgallery blog,"夜明けの二人""XIMERONI""愛は遥か彼方に""QU’IL EST LOIN L’AMOUR"

soundgalleryさんのブログにナナさんの魅力をよくあらわした曲が2件紹介されました。
どちらも軽快で一度聴いたらしばらくは、自然に体がリズムをとるような素敵な曲ですね。
どうぞご訪問の上、日本での販売の経緯や曲の背景や歌詞の意味など情報を共有させていただきましょう。
NANA MOUSKOURI “愛は遥か彼方に”


f:id:soundgallery:20160411122741j:plain

PHILIPS 6399 295 1981 HOLLAND)

f:id:soundgallery:20160411122853j:plain
+++++++++++++++++++++++++++++
soundgalleryさんはいつものように、曲の経緯や歌詞の紹介の後次のようにまとめておられます。
+++++++++++++++++++++++++++++++++アラン・コラゲールの編曲・指揮とフランス少年少女合唱団の共演を得て、ナナ
リリックな名唱が光る一編となりました。



NANA MOUSKOURI “夜明けの二人”

Nana Mouskouri
f:id:soundgallery:20160327143120j:plain
(PHILIPS PHL-1-3003 1984 CANADA)
**********************
こちらも、soundgalleryさんは曲の背景など説明のあと、歌詞を紹介され、次のようにまとめておられます。
+++++++++++++++++++++++++
NANAの唄声が、ギリシャの哀愁あるフォーク調のメロディーに乗って、明るいギリシャ的な詩情が漂う歌になりました。


動画はいかにもギリシャ的なダンスとデュエットでご紹介いたします。

4/02/2016

3/17/2016

soundgallery blog,"デ・コローレス""DE COLORES ","祈り""PRIERE"

soungalleryさんのブログに春らしい、軽快な曲2曲が紹介されています。
是非ご訪問の上、ナナさんらしいさわやかな歌声の背景を堪能させていただきましょう。
 ⇒こちら
NANA MOUSKOURI “祈り”
Nana Mouskouri
f:id:soundgallery:20160314121521j:plain

PHILIPS 28PP-8 1980)
***************************************
soundgalleryさんは、大変丁寧にこの曲の由来を説明し、歌詞の訳をそえてくださって、最後に次のようにまとめておられます。
是非ご訪問ください。
:*************************

クレド(使徒信条);キリスト教における、使徒から伝えられたと信じられている信仰告白のこと。
宗教的な雰囲気を持つ曲の数々は、ナナのすがすがしい唄声にピッタリですが、これほど唄にフイットする曲も少ないと思われます。

2016-02-29

NANA MOUSKOURI “デ・コローレス”

Nana Mouskouri
f:id:soundgallery:20160229134255j:plain

≪NANA MOUSKOURI/LIBERTAD≫(MERCURY 422 826 799-1 1986 U.S.A)

f:id:soundgallery:20160229134330j:plain
デ・コローレス DE COLORES
永田文夫氏の解説を引用され、歌詞の日本語訳を紹介されたのち、次のようにまとめておられます
++++++++++++++++++++++++++++
軽快なメロディに乗って、ナナは楽しく軽やかな唄声で聞かせてくれます。快いナンバーに仕上がっています。



Youtubeでの音源はあまりよくありませんので、是非、できればLP,アナログでのナナさんの声は格別に響きます。
またはCDにてこのテンポを体で受け止めてみられてはいかがでしょうか。